純正システムをサウンドアップ

おかげさまで好評をいただいております、SAIACOの製品たち。

SAIACO3兄弟(^^)v

HSA300-31OPT(4chアンプ搭載DSP)標準価格63,800円税込

HSA410-31OPT(5chアンプ搭載DSP) 標準価格85,800円税込

HSA800-OPT(8chアンプ搭載DSP) 標準価格104,500円税込

PHASS製品と並行し、

今なぜ私がSAIACOの製品を勧めるのか?

そして好評を頂いているのかを再度まとめてみましたのでご覧ください。

(あくまでも自論です)

リーズナブルな価格ながら音がいいから。
EQやTAといった機能はさておき、純粋にアンプの音が気に入っております(^^♪)

デジタル特有の硬くて尖った細い音を感じません。


◆リーズナブルな価格ながら装備や調整機能が充実しているから。
クロスオーバー調整をはじめ、EQ(イコライザー)やTA(タイムアライメント)、チャンネルごとにGAIN調整が可能です。

さらに、フロントスピーカーをマルチドライブ(800のみ3WAY可能)にしたり、

サブウーファーの追加や調整が簡単にできます。

それから800に関しましては、LEXUSやAUDIなどといった純正3WAYマルチを合成してフルレンジ域を作ることができます。

300/410の画面(スマホにて)

800の画面(スマホにて)

◆音質調整等がスマホでサクサクできるから。
ユーザー様でも触れますので、車に篭って一人でニヤニヤしながら楽しめるでしょう(^^;)

※410や800の調整に関しましてはノウハウが必要です。

◆車両専用ハーネスを使い簡単に取り付けができるから。
工賃が浮きます!

中には300-31OPTなどを弊店のネット販売やSNS、メール、電話等にて購入していただき、ご自分で取り付けしている方もおります。

☆しっかりフォローいたしますので、ご安心ください。

例)30ヴェルファイア ディスプレイオーディオ車

◆アフターフォローがしっかりしているから。
輸入元とは30年以上お付き合いをさせて頂いております。

よって、製品やアプリの不具合等を迅速に対応させていただいております。

以上となります。

これから新しく出てくる車は、

コストダウンのあおりで、

益々ディスプレーオーディオ化していくことが考えられます。

それにより、

CDやDVDといった回るソースがなくなり、

ブルートゥースオーディオやUSBといった圧縮音源が主流になるでしょう。、

例)現行ボクスター/ケイマンの純正

よって、このようなDSPアンプの需要は増えていくことが予測されます。

ただし先ほども述べましたが、

DSPアンプ=(イコール)デジタル臭くてつまらない音だ。

音が細い。

と思われがちです。

そんな方々のためにも、よりアナログで温かみのある有機音を作れるよう、

これからも学んでいきたいと思います(^^)/

最後になりますが、

類似品には、十分ご注意くださいませ。